かんたん!イラストで分かる簿記

長崎で簿記講師をしています。イラストで簿記を学んでみましょう!

【問題編33】決算の仕訳(費用の見越し)

f:id:easy_boki:20200808135148j:plain

 

問題編は、日商簿記3級範囲の仕訳練習問題をお届けしています。

今回は、決算整理の仕訳で利息の未払分を計上する仕訳です。

 

 

問題33
決算整理(未払分の計上)の仕訳

借入金200,000円は、×2年11月1日に年利3%(借入期間1年)で借り入れたもので、利息は元金とともに返済時に支払うこととなっている。本日決算日(×3年3月31日)2月未払分を計上する。

  

f:id:easy_boki:20200704091338j:plain

 

解き方解説

 期中11月に借り入れた利息は、返済時に支払うことになっています。
利息の支払いは、次期なので当期分の未払である支払利息を計上します。

問題を解く時には、まずはタイムレコードを書いて情報を整理しましょう。

 

f:id:easy_boki:20200808141408p:plain

 

当期の未払である支払利息を計算してみましょう。
 

11月に借り入れてから決算日までの利息を計算します。

11月1日から3月31日までなので5ヶ月分の利息です。

200,000×3%×5ヶ月÷12ヶ月=2,500円

 

f:id:easy_boki:20200808141539p:plain

 

この当期分の支払利息を計上しますが、まだ支払っていないですね。
なので、未払を計上します。

 

f:id:easy_boki:20200808142024p:plain



 

 

【仕訳の考え方】

 

1、支払利息(費用)の増加

2、未払利息(負債)の増加

  

 

1、支払利息(費用)の増加
  ⇨費用(+)なので借方の左


支払利息 50,000

 

※今年の費用として計上します。

f:id:easy_boki:20200808142350p:plain



 

  

2、未払利息(負債)の増加
  ⇨負債(+)なので貸方の右


支払利息 2,500/未払利息 2,500

 

f:id:easy_boki:20200808142626p:plain


 これで取引の仕訳が完了です。

 

 

仕訳解答

では改めて仕訳の解答です。  

 

f:id:easy_boki:20200808143253j:plain

  

 

   

仕訳のポイント

  • 支払っていなくても、当期分の利息は費用として計上する。
    (当期の正しい利益計算をするためです。)
  • 支払っていない分は未払として計上する。
  • タイムレコードを書いて情報を整理しましょう。

   

費用の見越しとは、費用を払ったと見越して計上するという意味です。
今は、見越しという言い方をせず「未払分を計上する」など書かれていることも多いです。

 

決算時の未払費用の計上についてはブログの86話で紹介しています。

www.easy-boki.com

 

 

  

次回は、問題編34「賃貸借契約」の問題にチャレンジしてみましょう。

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 目次へ戻る